【2023年マクドナルド値上げはいつから?】過去の価格と海外を比較!

2023年の1月16日よりマクドナルドの8割が値上げされると発表されました。

マクドナルドの値上げは2022年の9月に実施されたばかりです。

低価格で人気のマクドナルドですが、価格が上がるとなると普段から愛用している方には厳しい現実です。

そんなマクドナルドですが、ここ半年でどのくらい値上がりしたのでしょうか。

過去の値段をふまえて比較していきます。

ちなみに今回の値上げでハンバーガーが170円になりますが、2000年は68円で販売されていたので約3倍です。

スポンサーリンク
目次

マクドナルド新価格と比較

3か月ほど前に値上げが実施された9月30日を基準として、それ以前(~9/29)と最新の価格(1/16~)を比較しています。

約3か月で驚くほど値上げされていますので、じっくり確認してみましょう。

ただしマクドナルドの価格には波がありますので、数年後に価格が下がる可能性もあります。

実際に過去の価格変動をみてみると上がったり下がったりを繰り返しています。

レギュラー

※9月29日以前の価格

引用:マクドナルド
商品名~9/299/30~1/151/16~
ハンバーガー130円150円170円
チーズバーガー160円180円200円
チキンクリスプ130円150円180円
ダブルチーズバーガー350円370円400円
ビッグマック390円410円450円
エグチ200円220円240円
スパビー200円220円
えびフィレオ390円400円
てりやきマックバーガー350円370円
フィレオフィッシュ350円370円
   炙り醤油風        ダブル肉厚ビーフ490円500円550円

9月29日までのハンバーガーの価格は130円となっていますが、半年ほど前(~3/13)は110円でした。

ハンバーガー、チーズバーガー、チキンクリスプ、ソーセージマフィン、マックグリドルソーセージは一律で20円の値上げとなっています。

チキンクリスプも3月13日までは110円でした。

9か月ほどでハンバーガーは60円、チキンクリスプは70円の値上がりです。

気軽に買えるハンバーガーではなくなっています。

ポテト・ドリンク他

引用:マクドナルド

マックフライポテトの全サイズ150円は記憶に新しいでしょう。

ここ数年で価格は高騰し、もう数年はこのようなお得なキャンペーンは皆無でしょう。

商品名~9/299/30~1/151/16~
マックフライポテトS150円
M280円
L330円
S160円
M290円
L340円
S190円
M330円
L380円
  チキンナゲット  
5ピース
15ピース
200円
590円
240円
710円
プレミアムローストコーヒーS100円
M150円
L210円
S120円
M180円
L250円
炭酸ドリンクS100円
M220円
L250円
S120円
M240円
L270円
マックシェイクS130円
S140円
M200円
S150円
M220円

みんなが大好きなマックフライポテトも30円~40円の値上がりです。

1年ほど前に起きていた「ポテトショック」は記憶に新しいでしょう。

2021年12月21日に発表された内容では、原材料輸入の遅延を理由にマックフライポテトのM、Lサイズの販売を中止しました。

9月30日からプレミアムローストコーヒー、炭酸ドリンク、マックシェイクも値上がりを余儀なくされています。

朝マック

※9月29日以前の価格

商品名~9/299/30~1/151/16~
チキンクリスプマフィン140円180円190円
ソーセージマフィン130円150円180円
エッグマックマフィン200円220円240円
マックグリドルソーセージ170円200円230円

朝から手軽に食べられる朝マックの時代は終わったように感じます。

どの製品も200円前後です。

ソーセージマフィンが110円の頃が懐かしく感じます。

海外のマクドナルドの価格

※9月29日以前の価格

順位国名価格
スイス925円
ノルウェー864円
ウルグアイ839円
スウェーデン771円
カナダ724円
アメリカ710円
レバノン700円
イスラエル682円
アラブ首長国連邦676円
10ユーロ圏657円
41日本390円

日本のビッグマックの価格は値上がりしていますが、それでも海外と比較するともの凄く安いです。

マクドナルドの価格が安い国は賃金が安い国となります。

日本のビッグマックの価格順位は54カ国中41位と低迷中です。

お隣の中国は31位、韓国は32位と日本は出遅れています。

2000年の日本のビッグマックの価格は294円で順位は5位とアメリカを抜いていました。

その当時のアメリカのビッグマックの価格は266円です。

23年ほどで立場は逆転しています。

本日のまとめ

今回の値上げの要因は原材料価格の高騰や人件費、物流費、エネルギーコストの上昇、および為替変動とされています。

ここ半年で2度値上げが実施されていますが、これで終わったとは思えません。

今後のマクドナルドの動向と株価に注目です。

\マクドナルド、ミスド、ケンチキ新商品/

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェアよろしくお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次